文字サイズ

新日本・オカダ 裕二郎との再戦に前向き「オレは正直、余裕だよ」

高橋裕次郎(左)にキックを見舞うオカダ・カズチカ=後楽園ホール
2枚

 「プロレス・新日本」(27日、後楽園ホール)

 オカダ・カズチカが、25日の一騎打ちで破った高橋裕二郎の再戦要求に前向きな姿勢を示した。

 オカダはSHOと組み、バレットクラブの裕二郎、外道組と対戦。闘志満々の裕二郎に場外で攻められ、変型コブラクラッチを噛みつき攻撃で脱出されるなど悪のインサイドワークに手を焼いただけでなく、激しい技の攻防も繰り広げた。そして、最後は裕二郎が邪道の乱入アシストを受けてSHOをピンプジュース葬。試合後、オカダは裕二郎にステッキで暴行された。

 出世争いで先を行くオカダにジェラシーを燃やし、「オレの位置まで引きずり落とす」と噛みついた裕二郎は25日に敗れてからも、その思いはあきらめきれず、前日に続いて、この日も再戦を熱望した。

 オカダは試合後のバックステージで「いいんじゃないでしょうか。あんな裕二郎さんを見たのは何年ぶりでしょうか」と、まずは裕二郎の闘志を評価。続けて、「オレは正直、余裕だよ。オレにどんだけジェラシーがあったとしても変わらない実力というのがここにはあるから。あそこまで燃えて、やる気があるなら、別にオレ、タイトルも何もないし、ガンガンやり合ってもいいんじゃないですか」と、裕二郎の希望を受け入れる考えを示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス