文字サイズ

谷津嘉章、9カ月ぶりリング「感無量です」 昨年6月に右ヒザ下切断…6・7復帰決定

 「プロレス・DDT」(20日、後楽園ホール)

 右ヒザ下切断から復帰することが決まった谷津嘉章(63)が19年6月2日の試合以来約9カ月ぶりにリングに立ち、あいさつした。

 糖尿病悪化の影響により19年6月に右ヒザ下を切断した谷津は、18日に6月7日のさいたまスーパーアリーナ大会で復帰することを発表。この日は義足を装着してリングに立つとファンの大きな拍手を浴び、「6・7の参加が決定しました。オリャ!という感じで頑張ってやります」と復帰を報告した。

 続けて「やるからには手加減なしで。谷津すごいじゃない、義足でもやるんだな、というところをぜひ見せようと思いますので、よろしくお願いします」と力強く宣言。バックステージでは、リングに帰ってきたことに「感無量です」と喜びをにじませた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス