文字サイズ

拳四朗 初の統一戦に自信「やっと違うベルト狙える」

 「ボクシング・WBC・IBF世界ライトフライ級王座統一戦」(12月23日、横浜アリーナ)

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者の村田諒太(33)=帝拳=が12月23日に横浜アリーナで、同級9位スティーブン・バトラー(24)=カナダ=と初防衛戦に臨むと16日、所属ジムが発表した。トリプル世界戦となり、7度目の防衛戦となるWBC世界ライトフライ級王者の拳四朗(27)=BMB=がIBF同級王者フェリックス・アルバラード(30)=ニカラグア=と団体王座統一戦を行い、元世界3階級制覇王者の八重樫東(36)=大橋=がIBF世界フライ級王者モルティ・ムザラネ(37)=南アフリカ=に挑戦する。

 待望のビッグマッチが巡ってきた。現役最多6度の防衛を誇る拳四朗は初の統一戦が決まり、「やっと違うベルトを狙える。新しい拳四朗を見せれたらすごくいいなと思う。防衛だけを目標にしていたけど、いろんなベルトも欲しいと思っているので、その夢の第一歩としてはすごく大事な試合になる」と胸を躍らせた。

 相手のアルバラードは前戦の初防衛戦で小西伶弥(真正)を破るなど37戦のキャリアを持つベテラン。その印象を「結構振ってくるしパンチはある」と話しながらも、「僕の距離を保てば全然問題ないと思うので、自分を信じて戦うだけ。今回もなるべくパンチをもらわず圧勝というのを描いているので、その辺の技術を見てもらえたら」と自信を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス