文字サイズ

大仁田&高木社長、出場選手公募で「爆破甲子園」開催! 卓球・水谷にも「ぜひ来て」

 プロレスラーの大仁田厚(61)とDDTの高木三四郎社長(49)が9日、都内で会見を開き、2人のコラボプロデュース大会「爆破甲子園2019」(11月17日、神奈川・鶴見青果市場)を開催すると発表した。

 次世代の電流爆破マッチレスラーを発掘するための大会で、大仁田が「純粋な気持ちで野球をやる、純粋な気持ちでサッカーをやるように、純粋な持ちで爆破をやる気持ちで」という理由で命名。出場する“球児”ならぬ“爆児”をプロレスラー、格闘家、特殊技能を持ったアスリートから公募する(宛先はbakuha.koshien@gmail.com 件名に「次世代の爆破レスラー募集係」、本文に氏名[リングネーム]、連絡先、キャリア、得意技などを明記)。現時点では4人のトーナメントを予定しているが、規模が大きくなれば各地方で予選を行う可能性もあるという。

 高木社長は出場選手についてレスラーにこだわらず、「電流爆破に熱い情熱を持っていればいい。優秀な人にも来てもらいたいが、何かに挫折した人もいい」と希望。大仁田は、デスマッチ好きを公言している卓球男子シングルス銅メダリストの水谷隼と対談した経験があり、「ぜひ来てもらいたいね」と呼びかけた。

 また、大仁田は、自身が考案した「電流爆破」を世界知的所有権機関WIPOに申請することも発表。世界120カ国で電流爆破マッチの開催を予定しているという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス