文字サイズ

挑戦者ゴンサレス「神がそうしたのだろう」素直に敗北受け入れる

 「ボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ」(24日、武田テバオーシャンアリーナ)

 世界最速12戦目で3階級制覇を達成したWBO世界フライ級王者の田中恒成(24)=畑中=が7回2分49秒TKOで同級1位ジョナサン・ゴンサレス(28)=プエルトリコ=を退け、2度目の防衛に成功した。田中は執拗(しつよう)なボディー攻撃で3回に1度、7回に3度の計4度のダウンを奪い、最後はレフェリーが試合を止めた。

 挑戦者ゴンサレスは素直に敗北を受け入れた。田中を苦しめたものの、ボディーを攻められての逆転KO負けに、「ボディーを打たれたのは想定外だった。自分ではボクシングをしたと思うが、こういう結果になったのは神がそうしたのだろう」とサバサバ。「最初からすばらしい選手と思っていたし、終わった後も同じだ。次の試合もいい成績を残せるよう祈っている」と田中にエールを送った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス