文字サイズ

井上尚弥VSドネアWBSS決勝は11・7さいたまSAに決定!亀田兄弟以来9年ぶり

 プロボクシングの階級最強を争うトーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ」の主催者は7日(日本時間8日)、WBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=とWBA世界同級スーパー王者ノニト・ドネア(36)=フィリピン=が対戦するバンタム級の決勝戦を11月7日にさいたまスーパーアリーナで開催すると公式サイトで発表した。

 最大で3万5000人以上収容する同会場でのボクシング世界戦は10年12月26日の亀田興毅と亀田大毅が行って以来約9年ぶり。衝撃的なKOを続けて勝ち上がってきた井上と世界5階級制覇のドネアが戦うにふさわしい大会場に決まり、同大会プロモーターのカレ・ザワーランド氏は同サイト上で「なんという決闘、なんという結論、なんというアリーナ。11月7日に、どちらがトロフィーを上げるのか待ちきれません」とコメントした。

 また、両選手のコメントも掲載。井上が「決勝まで待てない。自分にとってドネアはボクシングの伝説。彼と決勝戦のリングをともにできることを光栄に思う。しかし、勝つために最善を尽くす」と意気込めば、ドネアも「日本での決勝戦と素晴らしい戦いを楽しみにしている。準備は万端です。井上は素晴らしいファイターだが、彼の準決勝で欠点があるのを見た。ゲームプランを確実に作って、トロフィーを勝ち取る」と自信を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス