文字サイズ

拳四朗 最優先は具志堅超え「強い選手のほうが実力出せる」

 WBA世界ミドル級王座を奪回した村田諒太(33)=帝拳=とWBC世界ライトフライ級王座6度目の防衛に成功した拳四朗(27)=BMB=の一夜明け会見が13日、大阪市内で行われた。拳四朗は具志堅用高の持つ13度防衛の日本記録更新に意欲を示した。

 見据えるのは“具志堅超え”-。拳四朗陣営が今後のプランを明かした。日本の現役王者最多となる6度目の防衛に成功。WBA世界同級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)との統一戦実現への機運も高まったが、寺地会長は「目標はあくまでも最多防衛記録。防衛戦の中に統一戦があればいい」と語った。

 最優先は元WBA世界同級王者・具志堅用高が持つ世界戦連続防衛13回の日本記録更新。統一戦だけに固執する考えはない。一方で楽な相手を選ぶつもりはない。拳四朗が「強い選手の方が実力が出せる」と話せば、同会長も「国民受けするカードを」と続けた。

 V14戦は早くても22年となる公算が高い。拳四朗は「それだけ大きい目標があった方が頑張れる。難しいけどクリアしてスターになりたい」と、屈託のない笑顔で偉業達成を宣言した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス