文字サイズ

54歳タイソン「人々を励ますために試合をした」魂の復帰戦、ドロー判定に笑み

28日、米ロサンゼルスで行われたエキシビションマッチで、ロイ・ジョーンズ(左)を攻めるマイク・タイソン(USAトゥデー・ロイター=共同)
28日、米ロサンゼルスで行われたエキシビションマッチを終え、インタビューに答えるマイク・タイソン(USAトゥデー・ロイター=共同)
2枚

 「ボクシング・エキシビションマッチ」(28日、ロサンゼルス)

 元統一世界ヘビー級王者のマイク・タイソン(54)=米国=が28日(日本時間29日)、米国ロサンゼルスのステープルズ・センターでエキシビションマッチに臨み、元世界4階級王者のロイ・ジョーンズ(51)=米国=と規定のラウンド(2分×8回)を戦い抜き、引き分けだった。エキシビションマッチながらレフェリーがつき、WBC元王者によるリモート採点が行われた結果、試合はドローと判定された。

 立ち上がりから現役時代をほうふつとさせるインファイトで仕掛けたタイソンだったが、ジョーンズの巧みなボディーワークを崩せず、ダウンを奪うことができなかった。ドローの採点には「いいんじゃないの。見てくれた人が喜んでくれたから」と笑顔で答えた。

 05年6月のラストファイト以来、15年ぶりの実戦。45キロほど体重を落とし、全盛期に近い220・4ポンド(99・97キロ)で計量を通過した。54歳とは思えない肉体に仕上げて臨んだ。「人々を励ますために試合をした。この年になって頑張って、これだけ体調を戻したところも見てほしいですね」と納得の表情を浮かべた。

 新型コロナウイルスの影響もあり、無観客での開催。タイソンは黒マスクをつけてリングインした。トランクスはトレードマークの黒一色。時代を超越して伝説のボクサー2人が拳をまじえた。

 ステープルズ・センターを本拠地とするNBA・レイカーズカラーのコスチュームとグローブで臨んだジョーンズは「あのボディーは効いた」はタイソンの猛攻を振り返る。そして「コービー・ブライアントにこの試合をささげたい」と1月にヘリコプター事故で死去したスーパースターの名前を挙げた。「スポーツを楽しむことを皆さんに伝えたかった」とタイソンと戦ったことの意義を口にした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス