文字サイズ

拳四朗 高級焼き肉弁当に満面の笑み V6戦へは自信、8回KO宣言も

 7万円相当の高級焼き肉弁当をほおばる拳四朗
1枚拡大

 「ボクシング・WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ」(12日、エディオンアリーナ大阪)

 前日計量が11日、大阪市内のホテルで行われ、WBC世界ライトフライ級(48・9キロ以下)タイトルマッチは6度目の防衛を狙う王者の拳四朗(27)=BMB=が48・8キロ、挑戦者ジョナサン・タコニン(32)=フィリピン=は48・9キロで、1回目でパスした。

 制限体重(48・9キロ)から100グラムアンダーの48・8キロで計量をクリアした拳四朗は恒例となった高級焼き肉弁当を頬張った。大阪での世界戦となった今回は堺市に店を構え3カ月先まで予約が詰まった人気店「生ホルモン処 おさむちゃん。」が差し入れた。

 店主の内山長務(おさむ=59)さんによると、7万円相当という特製弁当は魚沼産コシヒカリの特別栽培米一升の上に、鹿児島産黒毛和牛のサーロインと宮崎牛イチボのローストビーフが敷き詰められた一品。肉はいずれも最上級とされるA5ランク12番だった。

 拳四朗は「うわー」と感嘆の声を上げ、「口の温度で溶けちゃう。幸せにあふれてます。減量を頑張ってよかった」と、満面の笑みで舌鼓を打った。

 約10キロの減量を振り返り「今回はうまくいった」と納得の表情。6度目の防衛戦に向けて「当ててよけて、相手のメンタルを削って倒しにいく。流れ次第ですが8ラウンドくらいでいければ」と、2戦ぶりのKO防衛を予告した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス