文字サイズ

飯伏、新日本再入団 契約期間は「死ぬまで」 オカダと初合体に「気持ちよかった」

 ベルトを肩にファイティングポーズをとる飯伏幸太
1枚拡大

 「プロレス・新日本」(22日、後楽園ホール)

 大会前に会見が開かれ、IWGPインターコンチネンタル王者の飯伏幸太(36)が20日に所属契約を結んだことが正式発表された。

 DDT所属だった飯伏は13年10月に新日本との2団体所属となったが、16年2月に両団体を退団。フリーとして多くの団体へ参戦した後、再び新日本を主戦場としていた。

 会見で飯伏は「中学生の頃から新日本に入りたくて、いろんなところを渡り歩いて来たので、気持ちは変わっていない」と再入団の理由を説明。「最後の場所としてここを選んだ。死ぬまで」と生涯新日本を誓った。

 試合では次期挑戦者に立候補した前王者の内藤哲也に10人タッグ戦で敗北。IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカと初合体したことに「気持ちよかった」と充実感をにじませたが、「内藤さんですか。またですか」と再戦に困惑気味だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス