文字サイズ

K-1のエース武尊 右拳腱断裂の手術成功を報告「1日でも早く戦える拳に」

1枚拡大

 K-1のエースで、K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者の武尊(27)が14日、公式ブログを更新し、前日13日に行われた右拳の腱(けん)断裂の手術が無事に成功したことを報告した。

 武尊は12日のインスタグラムで、「拳の腱断裂で手術することになり、全治半年で長期大会欠場することになりました」と発表。「明日手術頑張ってきます」と、13日に手術を受けることを明かしていた。

 この日のブログでは、手術の経過を写真5枚で紹介し、「無事手術成功しました」と報告。「ここからが勝負なので、1日でも早く戦える拳に戻せるよう頑張ります!少しだけ待っててください」と、復活に向けた意気込みをつづっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス