文字サイズ

高田延彦が北尾氏悼む「いつか再会して言葉を交わしたいと思っていたが叶わなかった」

 総合格闘家の高田延彦(56)が29日、自身のインスタグラムを更新。2月10日に慢性腎不全のため死去していた大相撲第60代横綱双羽黒で、総合格闘家として対戦した北尾光司氏(享年55)を悼んだ。

 高田はインスタグラムに東京タワーの写真を投稿し、「元横綱の北尾光司さんが亡くなったとの一報を聞いて茫然とした。あの北尾光司がまさか55歳の若さで逝ってしまうなんて今でも信じられない気持ちだ」と、同日明らかになった北尾氏の訃報に驚きを隠せない様子。

 北尾氏は87年末に大相撲を廃業後、90年2月に新日本でプロレスデビュー。SWSなどに参戦後、総合格闘家となった。そして92年10月23日、UWFインターナショナル日本武道館大会で高田とリングで激突する。

 試合は高田のKO勝ち。高田の右ハイキック一撃で大木が倒れるように北尾氏が失神する衝撃のシーンはあまりにも有名で、現在でも語り継がれる一戦となっている。この勝利が評価され、高田は同年のプロレス大賞年間最優秀選手に選出された。

 高田は「いつか再会して言葉を交わしたいと思っていたが叶わなかった。本当に残念でならない。心よりご冥福を祈ります」と同年代の戦友の早過ぎる死を悼んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス