文字サイズ

井岡一翔が国内復帰「日本ボクシングに貢献するため」 6月に4階級制覇再挑戦へ

 ボクシングで元3階級制覇王者の井岡一翔(30)が27日、都内で会見し、Reason大貴ジム所属で国内復帰すると発表した。すでにJBCにライセンス再交付を申請し、承認されれば国内での試合が可能となる。

 井岡は17年大みそかに引退したが、昨年9月に米国での試合で復帰。年末にマカオでWBO世界スーパーフライ級王座決定戦に判定で敗れ、日本人初の4階級制覇を逃した。

 井岡は「日本ボクシングに貢献するために決断した。今やっていることを日本で見せられたら。必ず4階級制覇したい」と説明。井岡はWBO同級2位で、所属ジムの瀬端幸男会長は、空位となっている同級王座決定戦を6月に東京で実施することを目指し交渉中であることを明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス