文字サイズ

挑戦者・田口良一、階級上げて胸囲アップ「フィジカルで押していきたい」

「戦う準備はできている」とTシャツのREADINESSの文字を指さす田口良一(撮影・園田高夫)
1枚拡大

 「ボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ」(16日、岐阜メモリアルセンター・で愛ドーム)

 初防衛戦に臨む王者の田中恒成(畑中)と挑戦者、田口良一(ワタナベ)の予備検診が、名古屋市内と東京都内で行われ、両者とも異常なしの診断だった。両者の体格は身長で3・8センチ、リーチで9・5センチ、田中が下回った。

 1階級上げた田口は胸囲が3センチ増加。「腕回りとかが大きくなったと言われることも多くなった。普通は階級を上げたらパワー不足になるんですけど、ライトフライ級の時のようにフィジカルで押していきたい」と戦いをイメージした。リーチが田中を大きく上回ったことには、「リーチ差が出る試合にはならないと思う。近距離での打ち合いが多いんじゃないかと」と意識しなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス