文字サイズ

1ラウンド4分間あった…東洋太平洋王座戦で JBCが謝罪、関係者の処分発表

 JBCの秋山弘志理事長
1枚拡大

 日本ボクシングコミッション(JBC)は18日、昨年12月24日に大阪市で行われた東洋太平洋バンタム級王座決定戦でタイム計測ミスがあったことを報告し、謝罪した。

 JBCは秋山弘志理事長名義での文書で経緯を報告。問題の試合は昨年12月24日に住吉区民センターで開催された。5回終了後に通常は1分間のインターバルが1分16秒、6回の試合時間は3分間のはずが4分、6回終了後のインターバルも2分2秒と規定をオーバーするミスが連発した。試合では、4度のダウンを奪った同級3位の栗原慶太(一力)が3-0の判定で、6位のストロング小林佑樹(六島)に勝ち、王座に就いている。

 文書では「このことは、担当タイムキーパーの単なるタイム計測ミスに止まらず、競技スポーツとしてのプロボクシングの根幹に関わる極めて重大な問題であり、また、選手の安全管理上も看過出来ないものと認識しております」と記し、「つきましては公式試合管理業務の統括責任者として、本事案に関し出場選手、関係者、そしてファンの皆様に対しまして、心から反省の意を表するとともに、ここに謝罪をさせていただきます」と陳謝した。

 JBCはこの件に関し、浦谷信彰JBC本部事務局長(関西地区事務局長兼任)を厳重注意処分。JBCスーパーバイザーである小池幸弘氏を当面の間、謹慎処分。JBCタイムキーパーである越島二朗氏を18年12月29日よりタイムキーパーライセンスの無期限停止処分とすることも発表。「今後は再発防止のための適切、有効な対策を実行し、万全の態勢で試合管理・運営に取り組んで参る所存でございます」と再発防止を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス