文字サイズ

カネロVSジェイコブス決定!5・4ミドル級3団体王座統一戦

 ボクシングのWBAスーパー・WBC世界ミドル級王者サウル“カネロ”アルバレス(28)=メキシコ=とIBF世界同級王者ダニエル・ジェイコブス(31)=米国=が、ミドル級3団体王座をかけて、対戦することが17日(日本時間18日)、両陣営から発表された。試合はメキシコの祝日「シンコ・デ・マヨ」の5月4日に行われ、会場は米国ラスベガスのT-モバイル・アリーナが有力となっている。カネロは昨年10月にストリーミングサービスのDAZNと5年11試合3億6500万ドル(約400億円)の大型契約を結んでおり、この試合もDAZNで生中継される。

 カネロは昨年12月にWBA世界スーパーミドル級王者のロッキー・フィールディング(英国)に挑み、3回TKO勝ちで3階級制覇を達成。しかしスーパーミドル級には転級せず、ミドル級での闘いを選択した。

 ジェイコブスは14年8月に決定戦でジャロッド・フレッチャー(オーストラリア)に5回TKO勝ちしてWBA世界ミドル級王座を獲得。4度防衛後、17年3月にゲンナジー・ゴロフキン(米国)との統一戦に敗れて王座を失ったが、昨年10月にセルゲイ・デレビヤンチェンコ(ウクライナ)に判定勝ちして空位のIBF王座を獲得した。

 カネロの戦績は54戦51勝(35KO)1敗2分け。ジェイコブスは37戦35勝(29KO)2敗。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス