文字サイズ

シュートボクシングとJネットワークのレジェンド対決 宍戸大樹対笹谷淳が決定

笹谷淳(右)とのレジェンド対決に臨む宍戸大樹(C)SHOOT BOXING
1枚拡大

 シュートボクシング(SB)のシリーズ開幕戦「SHOOT BOXING 2019 act.1」(2月11日・後楽園ホール)で、元SB東洋太平洋ウェルター級王者・宍戸大樹(41=シーザージム)と元J-NETWORK2階級王者・笹谷淳(43=TEAM COMRADE)のレジェンド対決が行われることが13日、発表された。68・0kg契約で行われる。

 ミスターSB・宍戸は2016年4月、タイのジャオウェハーを相手に引退試合を行ってTKO負けし、18年間の格闘技人生にピリオッドを打ったが、昨年4月、2年ぶりに復帰した。今回は復帰5戦目となる。

 笹谷は現在、J-NETWORKを主戦場としており、ウェルター級とスーパーウェルター級の2階級でタイトルを獲得している。オールラウンダーで特に肘を得意とし、宍戸戦は実にキャリア51戦目となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス