文字サイズ

世界3階級王者・田中、田口と宿命の対決実現 2度目の全国中継「ブレークしたい」

 3階級のベルトを手にする田中恒成(左)と2団体のベルトを手にする田口良一=名古屋市のCBC
1枚拡大

 「ボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ」(3月16日、岐阜メモリアルセンター)

 世界最速タイ12戦目で3階級制覇を達成したWBO世界フライ級王者の田中恒成(23)=畑中=と、同級4位で元WBA・IBF世界ライトフライ級統一王者の田口良一(32)=ワタナベ=が10日、名古屋市内で記者会見し、3月16日に岐阜市の岐阜メモリアルセンターでタイトルマッチを行うと発表した。両者は17年末に対戦が計画されていたが、田中の負傷により白紙となっていた。宿命の対決に向けて田中は「倒しにいきます」と決意を込めた。試合はTBS系列で午後4時から全国生中継される。

 運命に導かれ、ついに拳を交える。初防衛戦となる田中は「状況は変わったけど、田口選手と闘いたい気持ちは今も変わらない。レベルアップしたところを見せたいので、今回は倒しにいきます」と決然と語った。

 両者はライトフライ級で田中がWBO王者、田口がWBA王者だった17年大みそかに対戦が計画されていたが、田中が同年9月の試合で両目眼窩底(がんかてい)を骨折したため白紙となっていた。その後、田中がフライ級に転向し、田口は昨年5月に王座陥落。2人が交わることはないと思われたが、田中は「正直いつかやると思っていた」と運命を疑うことはなかった。

 宿命の対決は、田中にとって17年9月以来2度目となる全国生中継が決まった。15年に日本最速5戦目で世界王座に就いて以降、その才能に知名度が追い付かない状況に「悔しい思いをしてきた」。昨年9月の木村翔(青木)との壮絶な打ち合いはWBOの年間最高試合にも選出されたが、日本では中部ローカル放送だった。

 「簡単な言葉で言うとブレークしたい」と今年の目標を掲げた。認知度を追い求めることは「本質的には違う」と理解しているが、自身の価値を高める必要性も痛感している。日本初の世界3階級王者と元統一王者の対決で、あふれる才気を余すことなく見せつける。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス