文字サイズ

清水3回TKOで4度目防衛成功 大橋会長「来年は世界一本に絞ってやりたい」

 東洋太平洋タイトル防衛に成功し勝ち名乗りを受ける清水
1枚拡大

 「ボクシング・東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ」(3日、後楽園ホール)

 ロンドン五輪バンタム級銅メダリストの王者、清水聡(32)=大橋=が3回TKOで挑戦者の上原拓哉(23)=アポロ=を下し、4度目の防衛に成功した。16戦全勝の上原を巧みなディフェンスと正確なパンチでほんろう。2回に“ダイヤモンドレフト”の異名を取る左ストレートでダウンを奪うと、この回合計3度のダウンを奪い、3回にも左ストレートでダウンを奪ってトドメを刺した。

 戦績を8戦全てKO勝ちとし「一番良かった。今までで」と満足顔。所属ジムの大橋会長が「来年は世界一本に絞ってやりたい」との見通しを口にすると、清水は「まだまだ調子は上がっていきます」と自信を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス