文字サイズ

スターダム★アイドルズ旗揚げに中野たむGM好感触、カシンとの一騎打ち希望

ニセパンディータを撃退したケンドー・カシン(左)と中野たむ=東京都江東区の新木場1stRING
1枚拡大

 「プロレス・スターダム★アイドルズ」(2日、東京・新木場1stRING)

 旗揚げ公演が行なわれ、スターダム★アイドルズ創設者でGMを務める、中野たむはパンディータと組んで、“悪魔仮面”ケンドー・カシンとハンディキャップマッチで対戦した。

 ところが、パンディータはいつもの着ぐるみを身につけておらず、上半身は裸。下はスパッツタイプのロングタイツで登場。これまで、パンディータいじめを続けてきたカシンは、この日も容赦なく、蹴りを連発するなど厳しい攻めを見せた。カシンがマスクを脱がすと、正体はなぜか佐野直。あっけにとれた中野は、ニセパンディータにダイビングボディアタックを敢行。そのままカバーすると、上からカシンが押さえ込んで3カウントが入った(5分6秒、体固め)。

 旗揚げ戦を中野は長いコメントで総括した。

 「おもちゃ箱をひっくり返したような、エリートも引きこもりも全部許されるような場所にしたいと思ってましたけど、その第一歩になったんじゃないかと思います。まだ体もできていない、練習もしていない子がデビューして、一緒に夢を追いかけていきたい。私もまだ夢を追いかけてる途中で、いろんなことを人生であきらめてきて、アイドルも3年前にあきらめた夢。そこに架け橋をかけてくれたのがプロレスで、すごいパワーをもらった」

 (続けて)「新人15人、いろんな人の力で、まだモヤっとしたものが、少しだけ、ハッキリ見えた。リーダーをつくる気はなくて、メンバーが競い合って、センターの座を争う。全員敵です。メンバーが集まって1カ月しか経ってなくて、1人1人の志を貫いてほしい。アイドルとプロレスに生きる希望をもらった。この2つが大きくなれば、みんなもっとやさしい気持ちになれる。来年の『紅白』出場はマストですね。プロレス会場にもっと足を運んでもらいたい」。

 自身の試合に関しては「私はパンディータを守る気満々でしたけど、どうも様子がおかしかった。ホンモノのパンディータじゃなくて動揺しました。もっとカシンさんと戦いたいと思いました。今度はシングルマッチでやりたい」と、カシンとの一騎打ちを要望していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス