文字サイズ

建設業から3月に復帰、仲村正男がボクシング・アジアパシフィック新王者に

 WBOアジアパシフィック新王者となった仲村正男(中央)=エディオンアリーナ大阪
1枚拡大

 「ボクシング・WBOアジアパシフィック・スーパーフェザー級タイトルマッチ」(1日、エディオンアリーナ大阪)

 同級2位の仲村正男(30)=渥美=が、王者のカルロ・マガレ(32)=フィリピン=に10回2分39秒TKO勝ちで、新王者となった。壮絶な打ち合いで5回には相手の右ストレートでダウンを喫した仲村だが、その後も粘り強く攻撃。7回に自身のパンチで相手が左目を負傷。出血が続き、10回にレフェリーが試合を止めた。

 リング上で仲村は「(相手は)正直強かった。でも、気持ちは最後まで折れなかった」と笑顔。喫したダウンも「タイミングが悪いところで尻もちを付いてしまったが、足に残るダウンじゃなかった」と、気持ちを切り替えて勝利に結びつけた。

 元東洋太平洋スーパーフェザー級王者の仲村は、強豪の大阪・興国高出身。デビューから12連続KO勝ちをマークするなど強打を持ち味に活躍した。しかし、2016年に心身の衰えを理由に引退。その後はボクシングから離れ、建設業の現場監督を務めていたが、今年3月に再起し、復帰後は3連続KO勝ちとなった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス