文字サイズ

長与千種、ケンカ仲裁で暴行被害 左手小指骨折も被害届け出さず「反省して」

札幌から帰京し暴行を受けた状況について語る元女子プロレスラーの長与千種=羽田空港(撮影・開出牧)
3枚

 元女子プロレスラーで、プロレス団体「Marvelous」代表の長与千種が19日、札幌市内でケンカを止めようとして暴行され、滝川市内に住む男が暴行の疑いで現行犯逮捕されたことが分かった。長与は相手から髪を引っ張られるなどし、防御した際に左手の小指を骨折した。

 この日、長与は札幌から帰京。羽田空港で取材に応じ、「女性の悲鳴を聞いて助けないと、と思った」と状況を振り返った。

 長与の説明では札幌市でプロレスラー仲間とジンギスカンを食べた後、駐車場でケンカしている男女を発見。駆けつけると男が女性を羽交い締めにしており、長与が仲裁したという。「女の子に手をあげてはいけない」と説得したところ、男は「おれの女だから他人に関係ない」と拒否。一瞬の隙を突いて男は長与の頭髪などをつかみ、頭を押さえつけようとしたという。

 反撃はせず、防御に徹していたところで警察が到着。「たぶん、(犯人が)逆だと思われた。警察は私のほうに来た」と苦笑いしたが、事情を説明。警察からは感謝されたという。

 後で説明を受け、男女は夫婦だったことが判明。男は長与の力に驚いていたというが、「膝や肘を入れることもできた。何もされなかっただけありがたいと思えと言いたい。奥さんに対して反省してほしい」と語った。被害届けは出さないという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス