文字サイズ

“喧嘩番長”ディック・スレーターさん死去 J鶴田さんのライバル

 “喧嘩番長”と呼ばれた米国の元プロレスラー、ディック・スレーターさん(本名リチャード・ヴァン・スレーター)が現地時間18日、米国で死去したと現地のメディアが伝えた。67歳。死因は今のところ不明。

 スレーターさんは大学でレスリングとアメリカンフットボールを経験し、72年にプロレス入り。荒々しいファイトスタイルの悪役として、多くのローカル王座を獲得するなど活躍。私生活での気性の荒さでも恐れられた。80年代後半からはWWF(現WWE)、WCWなどにも参戦。95年にはバンクハウス・バックと組んでWCW世界タッグ王座を獲得したが、96年に背骨のケガのために引退した。

 74年に全日本プロレスに初来日するなど、来日回数も豊富。日本ではドリーとテリーのファンク兄弟の弟分として善玉で人気を博し、“喧嘩番長”と呼ばれた。80年にはチャンピオンカーニバルの優勝決定戦でジャンボ鶴田さんと対戦、83年にはロディ・パイパーと組んでジャイアント馬場、鶴田組のインターナショナルタッグ王座に挑戦するなど、鶴田さんのライバルであった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス