文字サイズ

全日本プロレスも輪島さんを追悼…10カウントに合わせて黙とう 渕「早いよね」

 輪島大士さんの追悼セレモニーで遺影を手にリングに上がった渕正信
1枚拡大

 「プロレス・全日本」(10日、後楽園ホール)

 大会開始前に、8日に70歳で死去した大相撲元横綱で全日本所属選手だった輪島大士さんの追悼セレモニーが行われた。渕正信(64)が遺影を持ち、全出場選手も総出で10カウントゴングに合わせて黙とうをささげた。

 現所属選手で唯一、レスラー時代の輪島さんを知る渕は「早いよね。20年以上会ってないけど、元気で散歩してるという話も聞いたので驚いてます」としんみり。「3年間、一緒にやったけど印象が強くて。食事をごちそうになったし飲みにも行ったし、今思えば楽しい思い出しかない。大横綱なのに普通に接してくれたし、入団時から一からやり直す覚悟が見えて練習量もすごかった。へたくそだったけど胸を打たれました」と故人をしのんだ。

 今年は馬場元子さん、ブルーノ・サンマルチノさん、マサ斎藤さんらプロレス関係者の訃報が相次いでおり、「今年は多いね、悲しい別れが。本当にさびしい」と涙をこらえながら話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス