文字サイズ

帝拳・本田会長 V2戦見据える「米国で実績をつくらないといけない」

 5回、ブランダムラ(右)にボディを浴びせる村田諒太
1枚拡大

 「ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ」(15日、横浜アリーナ)

 2012年ロンドン五輪金メダリストのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(32)=帝拳=が同級6位エマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)を8回2分56秒TKOで下し、初防衛に成功した。

 帝拳ジムの本田明彦会長(70)は初防衛に成功した村田について「やりにくい相手なのは分かっていたが、よくつかまえた」と称えた。V2戦は本場米国での生中継となる見込みで、「米国で実績をつくらないといけない。ある程度力のある米国選手とやって、勝てば(V3戦で)ゴロフキンもある。なるべく早くやりたい」と青写真を描いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス