文字サイズ

新王者・ロサレス歓喜「比嘉のパンチに力は感じなかった」

 2回、クリストファー・ロサレス(右)の顔面に左ストレートを放つ比嘉大吾
1枚拡大

 「ボクシング・WBC世界フライ級タイトルマッチ」(15日、横浜アリーナ)

 体重超過のためWBC世界フライ級王座を剥奪された比嘉大吾(22)=白井・具志堅スポーツ=は同級2位クリストファー・ロサレス(23)=ニカラグア=に9回1分14秒TKOで敗れ、プロ初黒星を喫した。

 比嘉の攻撃に一歩も引かず、連打で押し返したロサレス。9回が始まって相手の手数が減り、勝利を確信したという。ベルトを手に「大変幸せ。待ちに待った瞬間が訪れた」と歓喜に浸った。試合前日に比嘉が体重超過で王座を剥奪された。想定外の事態にも集中を乱さなかった。「比嘉のパンチに力は感じなかった。だから攻撃的にいくことができた」と誇らしげに話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス