文字サイズ

尾川、時差ぼけなし 世界初挑戦の地・ラスベガスで汗流す

ラスベガス市内のジムで汗を流す尾川堅一ⓒTEIKEN
1枚拡大

 「ボクシング IBF世界スーパーフェザー級王座決定戦」(9日、米ラスベガス)

 世界初挑戦の同級4位、尾川堅一(帝拳)が現地時間4日、朝からMRI検査や目の検査、健康診断などを済ませ、ネバダ州コミッション事務局でライセンスの申請を行った。また、ラスベガス市内のバリーズ・ボクシングジムで田中繊大トレーナーとのミット打ちなどで汗を流した。

 尾川はジムを通じて「病院での待ち時間など少しウトウトはしましたが、しっかり睡眠を取れたこともあり、時差ぼけの影響は感じませんでした。明日はジムワークだけなので、しっかり動いてしっかり休みたいと思います」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス