文字サイズ

エンダムが調整不足明かす 9月に足首負傷や40度の高熱も

 7回、左のジャブでエンダムをぐらつかせる村田(右))
1枚拡大

 「ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ」(22日、両国国技館)

 涙の王座奪取だ。ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(31)=帝拳=がWBA世界ミドル級タイトルマッチで王者アッサン・エンダム(33)=フランス=に7回終了TKO勝ちし、新王者に輝いた。

 王座から陥落したエンダムが調整失敗を明かした。村田戦に向けたキャンプ直前の9月に左足首を負傷。合宿地の米フロリダ州マイアミ入りした2日後に40度近い高熱で10日間寝込み、ハリケーン「イルマ」の直撃でジムを使用することもできず「試合のキャンセルも考えた」という。

 序盤から村田の圧力に押され、中盤から体調に異変を感じ力が入らなくなったという。6回には強烈な右ストレートを浴びて腰が折れかけ、7回終了後に陣営が「続ければ大ケガにつながる」とストップを決断した。

 エンダムは「諒太は友人で友情と闘志は違うところに芽生える」と村田を祝福。「長くベルトを防衛して欲しい。もし希望してもらえるならトリロジー(三部作)もある」と再々戦に意欲を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス