文字サイズ

勅使河原 ジム初の戴冠へ闘志 輪島会長に「ベルトささげる」

 計量を終えた勅使河原(左)とパブスタン。中央は立会人のレオン・パノンシロ
1枚拡大

 「ボクシング・WBOアジア・パシフィックバンタム級タイトルマッチ」(12日、後楽園ホール)

 WBOアジア・パシフィックバンタム級王座戦の前日計量が11日、都内で行われ両選手ともパスした。同級5位の勅使河原弘晶(輪島功一スポーツ)は「ジム初のチャンピオンに意味がある。ベルトを会長にささげたい」と気合満点だった。

 3週間前、神戸で元世界3階級制覇王者の長谷川穂積氏の指導を仰いだ。「いろいろ指摘してもらった。試合まで時間がないので練習を変える必要はないと言われましたが、試合が終わった後、しっかり取り組みたい」と、視線は王座獲得の向こうにある。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス