文字サイズ

カシミ・セルバニア王座奪取ならず 強豪バルデスとダウン応酬、判定負け

 「ボクシング・WBO世界フェザー級タイトルマッチ」(22日、ツーソン)

 WBO世界フェザー級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米国アリゾナ州ツーソンのツーソン・コンベンションセンターで開催され、同級4位のゼネシス・カシミ・セルバニア(26)=カシミ/フィリピン=は、王者のオルカル・バルデス(26)=メキシコ=にダウン応酬の末に0-3の判定で敗れ、世界初挑戦での王座獲得はならなかった。

 フィリピン・ネグロス島バコロド出身のセルバニアは2016年に金沢市のカシミジムに移籍し、活動の拠点を日本に置く。今年4月に金沢で空位のWBOアジアパシフィック同級王座を獲得し、29戦全勝(12KO)で今回のチャンスをつかんだ。近況は同じ階級の選手では相手が務まらないWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)のスパーリングパートナーとしても存在がクローズアップされている。

 迎える王者のバルデスは22戦全勝(19KO)と強打が売り。全勝対決はダウン応酬の激しいものとなった。バルデスのペースで進んでいた4回に、左ボディーから右ストレートを追撃したセルバニアが先制のダウンを奪う。まさかの展開に観衆がどよめく中、続く5回にはリング中央で左フックを合わせたバルデスがダウンを奪い返す。その後も手数を落とさなかったバルデスがジャッジ全員に支持された。スコアは117-109、116-110、115-111。バルデスは3度目の防衛に成功した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス