文字サイズ

スターダム・イオが8・13復帰 アーティスト王座挑戦

リング上で再起を宣言したイオは大江戸隊の花月(右)を威嚇。後方はバイパー
1枚拡大

 「プロレス・スターダム」(30日・新木場1stRING)

 頚椎(けいつい)ヘルニアで戦列を離脱していた紫雷イオ(27)が、8月13日の後楽園ホール大会で復帰することが決まった。

 53日ぶりの再起舞台はバイパー、HZKとクイーンズ・クエスト(QQ)最強トリオを結成し、松本浩代&米山香織&ジャングル叫女が保持するアーティスト王座に挑む。

 この日は3WAYタッグ戦でHZKが花月に屈してQQコンビが敗退。ここでイオが緊急出動して大江戸隊をけちらした。6月21日の後楽園ホールでワールド王座から転落した後、治療に専念していたイオは「ドクターからGOサインが出た」と、快気を宣言した。

 バイパーを大江戸隊から強奪すると、アーティスト王座の奪回を約束。さらにシングル最強を決める「5★STAR GP」(8月19日・新木場開幕)への出場も表明。「完全復活を証明する」と、3年ぶり優勝を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス