文字サイズ

内山、三浦は“倒せる” 自身去就は「世界戦終わってから」今月中決定か

 ポーズをとる内山高志(左)と上田埼玉県知事
1枚拡大

 元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(37)=ワタナベ=が14日、さいたま市内で行われた「埼玉県 青少年 街の応援団」結団式に出席し、上田清司埼玉県知事から「特別応援団員」に任命された。青少年非行防止活動に協力する。

 三浦隆司の世界挑戦については「ポイント的には相手の方が当て感がいいし、分があるかな。ただ、三浦の場合、臆さない一発がある。肉を切らせて骨を断つ一撃が当たれば倒せる」と分析した。

 自身の去就については「(23日の)田口と京口の世界戦が終わってから、今月中には決めようと思っています」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス