文字サイズ

三浦「必ず勝ってベルト取り戻す」 司会は元世界6階級制覇のデラホーヤ氏

 会見でKO宣言をした三浦隆司(右から2人目)。左手前は王者・ベルチェルト
1枚拡大

 「ボクシング・WBCスーパーフェザー級タイトルマッチ」(15日、イングルウッド)

 WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチの会見が13日、試合会場で行われ、元同級王者で同級1位の三浦隆司(33)=帝拳=は、王者のミゲル・ベルチェルト(25)=メキシコ=を前に「必ず勝ってベルトを取り戻したい」と宣言した。

 会場のザ・フォーラムは、かつてNBAのレーカーズなどが本拠とし、ボクシングでも多くの名勝負が行われた。三浦は「大きい。アメリカで試合なんて考えてもいなかったが、すごい所に来たなという実感がある。気合、入ります」と目を輝かせた。

 会見の司会者は、興行をプロモートする元世界6階級制覇のオスカー・デラホーヤ氏で、ビッグマッチ感は盛り上がるばかりだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス