文字サイズ

高山9・27大阪で原とV2戦

 2度目の防衛戦を発表した王者・高山(右)と中出博啓トレーナー
1枚拡大

 「IBF世界ミニマム級タイトルマッチ」(9月27日、大阪府立体育会館)

 日本ボクシング史上初の4団体制覇王者でIBF世界ミニマム級王者の高山勝成(32)=仲里=が28日、大阪市内で会見し、9月27日に大阪府立体育会館で同級12位・原隆二(25)=大橋=と2度目の防衛戦を行うと発表した。WBO同級王者・田中恒成(20)=畑中=と年内の統一戦を視野に入れ、KO突破を狙う。同日は初防衛戦を行うWBA世界フライ級王者・井岡一翔(26)=井岡=とのW世界戦となる。

 高山はこれまで最軽量級で小野心、大平剛ら実力者を返り討ちにしてきた。次なる相手は元日本、東洋太平洋王者の原。「国内の世界ランカーを1人1人撃破した。原を撃破すれば残りは田中。自然とそういう流れになる。原をクリアして田中とビッグマッチ」。日本選手を“総ナメ”にし、田中に統一戦を迫るプランだ。

 昨年10月、原を10回TKOで下した田中のKOラウンドも意識しており、「理想とすれば、その形。12回以内に倒せれば」と、KO決着をノルマとした。

 高山、田中とも指名試合が課されるため、統一戦実現は流動的。それでも、中出博啓トレーナーは「見たいカードをしたい。名古屋の大学生と高校生対決」とV2戦をクリアすれば、最優先に動くことを明言した。

 名古屋の菊華高に通う高校2年生は2学期の登校はお預けになる。文化祭、体育祭も無理だが、11月、1番楽しみにしていた沖縄への修学旅行は参加できる。V旅行で夢の「枕投げ」のためにも“夏休み最後の宿題”を突破する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス