文字サイズ

【新井氏&大山対談その1】大山よ ヤジも勉強!阪神の4番後輩に金言

 新井氏(左)からのアドバイスを胸にさらなる飛躍を誓う大山
3枚

 阪神・大山悠輔内野手(25)と前広島の新井貴浩氏(43)=デイリースポーツ評論家=が「4番対談」を行った。昨年、4番として苦しい経験もした大山に対し、新井氏は同じように虎の4番を担った経験から、メンタル面と技術面での「金言」を授けた。今はマルテと三塁レギュラーを争う大山。信頼して起用してもらった矢野燿大監督(51)のためにも、優勝につながる活躍を目指していく。以下、対談その1。

  ◇  ◇

 (日も暮れようかという午後5時40分にスタート)

 新井貴浩氏(以下、新井)「本当にすごく練習するね。5勤の最後の日なのに」

 大山悠輔内野手(以下、大山)「いえ、とんでもないです」

 新井「早速ですけど、昨年は4番としてどうでした?」

 大山「正直、しんどかったですね。試合の勝敗に直結する打順というのをすごく感じたので。やっぱり打てなくて負けた時のショック、悔しさが大きかったですけど、でもその分、打って勝った試合は普段より喜べたというか。そういった、辛いポジションでしたけどプラスはすごくあったと思います」

 新井「僕はそれがすごく分かる。自分とかぶってね。同じ右バッターだしタイガースで4番を打たせてもらったこともあるし。人間ってあまり強くないものだし自分に対するヤジとかって耳で拾ってしまうでしょ?」

 大山「はい、そうですね。応援してくださる人の方が多いはずなんですけど、やっぱりそういったヤジというのが入ってくるのはありました」

 新井「その苦しさというのは、自分も同じ経験をしているからよく分かる。だから、大山打てよ、とか、ファンを喜ばせてほしい、ってすごく応援してるからね。でも引退して振り返ってみると、その苦しかった経験は勉強になったなとも思うしね」

 (続けて)

 新井「矢野監督も言ってたよ。『今年もすごく期待してるし、去年4番としてがんばって悔しい思いもしただろうけど、その分大きくなってくれると思うから』と。矢野監督はどういった監督?」

 大山「言葉の大切さというか、矢野さんはたくさん読書されると聞いていますが、その中の言葉というのをたくさん教えてもらっていて。それが自分に、こういう考え方があるんだなという。何と言うか、自分の中で、こういう言葉を大事にがんばろうという、そういう話をたくさんしてもらえるので、そういう話はすごく大事にしています」

 新井「本当にとことん前向きだもんね。昨年も見ていて、チームにすごく一体感があるなと感じたから。若手の間でもそう感じる?」

 大山「ヒットを打っても、パッと目に入るのは矢野さんで。一番前にいてあれだけ喜んでもらえるというのは、打ってうれしいので。監督があれだけ前に出ているから、僕らも出なくちゃいけないという気にもなるので。そういった、何というか、矢野さんが監督をやっているからというわけではなく、もっと(監督のために)やらないとダメだなという気にはなります」

 -大山選手の、新井さんの現役時代はどういう印象でした?

 大山「守っていて、新井さんがネクストに出てくるだけでも、すごい歓声で。そういった選手になりたいなと思っていました」

 新井「いや、大山君も、もうなってるから。本当にね、人って弱いから悪い言葉ばっかり拾ってしまいがちだけど、応援して、大山君が打ったら涙を流して喜んでくれる人もたくさんいるからね」

 大山「はい、がんばります!」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      対談最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス