文字サイズ

【藤川×岡田氏対談2】勝てるゲームは絶対にモノにせなあかん

岡田氏と対談する阪神・藤川=かりゆしホテルズパーク宜野座(撮影・田中太一)
1枚拡大

 阪神・岡田彰布元監督(61)=デイリースポーツ評論家=と、今季の守護神奪回を目指す藤川球児投手(38)の“師弟対談”が実現した。05年に球団史上最後の優勝を果たした指揮官と、Vメンバーが予定時間をオーバーして言葉をぶつけ合った内容は、勝つために何をすべきか、勝つためにどうチームを変えていくか-。最下位からの巻き返しを図る上での最善策を語り尽くした。対談その2。

   ◇  ◇

 岡田「そら先発が6人いて、後ろも勝ちパターンが3人、4人とそろっていたらいいんやけど。今はそういう状況ではないわな」

 藤川「だから(矢野監督を)迷わさないように。自分が元気で、連投したからと言って翌日を休んだりしないように。それじゃダメなんで。配慮されているくらいだったら、(現役を)辞めた方がいいと思うんで」

 岡田「だから1カードに1人、そういう先発完投できるピッチャーがおってくれるとすごく楽なんよ。完投とは言わんけど、最低でも7回、8回を投げてくれるとね」

 藤川「8回を行ってくれるとすごく楽ですね」

 岡田「1カードに1回くらいそういう日があってくれるとすごく助かる。休ませながら後ろのピッチャーを使うなんて無理やからな。この試合を勝てると思ったら絶対に使うからな」

 藤川「監督が指揮を執ってきた時は、『ブルペンに入るか、入らないかを決めろ』と。『入ってたら使うで』とよく言われてましたもんね。今になってその理由が分かりましたね。駒ですからね、選手は。その駒を使うか使わないかですから」

 岡田「4連勝か5連勝かしていたらな。一つくらい負けてもいいかなという気持ちはあるんやけど、この試合を勝てるんやったら絶対に行くからな。5連勝、6連勝を目指して。それは当たり前のことやからな。試合に勝つためには」

 藤川「連勝しといたら大きいですもんね」

 岡田「だから勝てるゲームは絶対にモノにせなあかん」

 藤川「それは野手にも通じてきますもんね。『勝つ気なんやな』というベンチの意図を伝えることになりますもんね」

 岡田「何でコイツなんやというのはあるからな。試合を捨てたのかって。それはチーム全部に見せてしまうことになるから。野手にもブルペンにも。だからコイツが出てきたら、1点負けてるけど勝ちに行きたいんかな?って。そういうムードをチーム全体が持ってしまうとな」

 藤川「野手ってすごく分かるみたいですね。ファイティングポーズを取っているか、そうじゃないかって」

 岡田「俺も現役時代、よう言うたもん(笑)」

 藤川「だから野手がすごくあるって言うのは聞きます。相手から見てもそう思うみたいですし。だから自分自身がそういう駒であってもいいなと思ったんです」

 岡田「そら投げ方もポジションで違ってくると思うよ」

 藤川「そうなんですよ。自分もセットアッパーをやって、(06年途中に)久保田が故障してからクローザーに行ったんですけど。2年間、中継ぎでやったんですが、やっぱりしんどかったです。四回から八回までどこでも行けるように準備があるんで。相手は打ったろうと思ってくるし」

 岡田「まだこの時期やからな。でもオープン戦の中頃になったらある程度、(陣容は)固めていかないといけないよな」

 藤川「固めてもらえるようにですね。でも自分を固めた方がいいのか、それとも周りから固めた方がいいのか。準備して。ちゃんと見極めてもらえると思うし。自分としてはあんまり言いたくないんですよ。他のピッチャーにもバランスとして迷惑がかかるんですよ。」

 (続けて)

 「監督はどう思ってました。『俺が九回をやる』って言ってる選手に対して。『うるせー。俺が決めるんや』と思ってなかったですか」

 岡田「そら思ってるよ。何でお前が決めんねんて(笑)」

 藤川「でしょ(笑)自分とか鳥谷はそうやって(自分からやりたいとは言わずに)やってきたんで。準備して、待つ。あとは見てもらって、能力を指揮官に問うという形でやってきたんですよね」

 岡田「やっぱりね。ピッチャーやったら、ピッチングコーチが『こんな選手できました』と言って、監督のとこに持ってこなあかんねん。だから(自分が監督の時は)キャンプはコーチが主役でやれって。こんないい選手できましたと言って持ってこないと」

 藤川「駒を提供するということですよね。それをどう使うか」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    対談最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス