文字サイズ

再結成ずうとるびが7月に新曲リリース 江藤博利、コロナ禍の時間「無駄じゃなかった」

 「みんなと会ってお互いパワーをもらった。今はできるだけメンバーで全国を回りたいですね」。昨年3月、5人の「ずうとるび」として再結成を果たした江藤博利(62)は、こう言葉を弾ませた。

 「ずうとるび」は当初、「笑点」の「ちびっ子大喜利」の出演者だった江藤、山田隆夫、新井康弘、今村良樹の4人で結成された。バラエティー番組中心に活躍し74年に『透明人間』でレコードデビュー。75年には紅白歌合戦にも出場した昭和の人気アイドルグループだった。だが、77年に初代リーダーの山田が脱退。池田善彦を新メンバーに加えて活動していたが、82年3月に解散した。

 再結成のきっかけは、江藤が座長を務める「昭和歌謡コメディ」の舞台だった。「昭和歌謡コメディ」は、アイドル歌謡とお笑いが融合していた昭和のTV舞台を再現できないか、という江藤の発案で2014年3月に旗揚げ。以来、年2回のペースで上演を重ねているが、昨年1月に行われたシリーズ第12弾「築地ラプソディ」に新井がゲスト出演した。19年10月、出演オファーのため江藤が新井を訪ね、酒を酌み交わすうちに「みんな60歳を過ぎたが元気。1年でも2年でも、もう一度ずうとるびをやろう」という話になり、その場で山田に電話。5人のメンバーを集めての活動再開が決まった。

 かつての人気グループの復活にオファーが多く舞い込んだが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が直撃。「昨年の3月に健康ランドで3回のライブを行った以外は、すべてのライブ、ディナーショーが中止になって落ち込んだ時期もあった」と江藤は振り返る。だが、今年に入りYouTubeの公式「ずうとるびチャンネル」をスタート。7月には新曲をリリースし、ライブ活動も行う予定になっている。

 「コロナ禍でいろいろ考える時間があった。その時間は無駄じゃなかったと思う」。今、第2幕が本格的に始まろうとしている。

(まいどなニュース/デイリースポーツ・今野良彦)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    あの人~ネクストステージ最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス