文字サイズ

【谷光利明医師】コロナ対策 ニンニク&ショウガの煮汁で免疫力アップ

 新型コロナウィルスが中国で発症した当初、これほどまで世界各国に広がると予想した人は少ないでしょう。あっという間に世界に感染が広がり、人類を『恐怖』に陥れています。

 そんな中、世界各地で医療関係者が奮闘し、未知のウィルスと戦っています。既知の薬でも効果の望めるものが次々と判明しており、ワクチン開発も急ピッチで進められています。一日でも早く治療法の確立を期待したいところです。

 それまでに我々ができることは何か。それは、火中の栗を拾いに行かないこと。家から出ないことにつきます。必要な外出時にはマスクを着用し、帰宅時にはウガイ、手洗いを必ずして下さい。聞き飽きるほど耳にしておられるかもしれませんが、実際にみんながそれをやり切ること。それが感染拡大を食い止める大前提だと思っていただきたい。

 同時に免疫力を落とさないように注意しなければなりません。具体的には、過労、過度の運動をしないこと、睡眠、栄養を十分にとることです。免疫能力を落とさない方法としては、自律神経を整えることが有効だと言われています。自律神経を整えることは実は非常に難しいんです。我々が簡便にできる方法としては呼吸法があります。鼻から吸うときに下腹部を中心に膨らませ、口から吐くときには膨らんだ下腹部を凹ませるという方法です。

 無理はいけませんが、可能であれば5秒から10秒かけて吸い、同じ時間かけて吐くというのが良いとされています。できれば、吸うときに肛門を締め上げる感じで吸ってください。尿漏れがひどい方はこれだけで治癒する方もいらっしゃいます。

 信頼できる東洋医学の先生によると、ニンニクとショウガの煮汁が免疫能力を上げるそうです。2・5リットルのお湯に輪切りにしたショウガとニンニクを丸ごと、それぞれ150グラムずつ入れて20分ほど煮た汁を飲むと効果があるとうかがいました。

 最後に…一番簡単な対策は家から出ないこと、これにつきます。この国難を皆様と力を合わせて乗り切りたいです。

 ◆筆者プロフィール 谷光利昭(たにみつ・としあき)たにみつ内科院長。93年大阪医科大卒、外科医として三井記念病院、栃木県立がんセンターなどで勤務。06年に兵庫県伊丹市で「たにみつ内科」を開院。地域のホームドクターとして奮闘中。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ドクター備忘録最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス