文字サイズ

大会後はボートレーサー!162センチ左腕パナソニック・小屋の全力投球に注目

7回伏木海陸運送2死満塁 番場を遊ゴロに抑え、ガッツポーズをするパナソニック・小屋裕=東京ドーム(撮影・伊藤笙子)
帽子を飛ばしながら力投するパナソニック・小屋裕=東京ドーム(撮影・伊藤笙子)
初戦突破を決め、クローザーの北出に抱きつくパナソニック・小屋裕=東京ドーム(撮影・伊藤笙子)
3枚

 「都市対抗野球・1回戦、パナソニック2-1伏木海陸運送」(26日、東京ドーム)

 パナソニックの1点リードで迎えた七回裏1死満塁。一打出れば逆転を許す場面で、ひときわ小さな左腕がマウンドに上がった。パナソニック・小屋裕投手(26)だ。

 身長は一般男性の平均よりも低い、162センチ。体重は55キロしかない。その小さな体を目いっぱい使い、最速145キロの直球を投げる。帽子を飛ばしながら全力投球する姿に、思わずくぎ付けになった観客も多いだろう。

 小屋は後続を打ち取り無失点で切り抜けると、両手を突き上げガッツポーズ=写真。大会にかける思いが、ファインダー越しからひしひしと伝わってきた。

 この都市対抗野球が野球生活最後の舞台と決めている。小屋はボートレーサーという第二の夢をかなえるため、大会後に養成所の試験を受けるそうだ。決勝まで残り4試合。小さなリリーバーの全力投球がまだまだ見たい。

(写真と文、デイリースポーツ・伊藤笙子)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カメラマン発最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス