文字サイズ

ヘルメットをたたきつけて悔しがる広島・鈴木誠にみた責任感と勝利への執念

 「巨人2-9広島」(2日、東京ドーム)

 二回、3-0としてなお2死満塁の好機で、中飛に倒れた広島・鈴木誠也の姿が印象に残った。

 カウント0-2から、乱調気味だった巨人先発・桜井のカットボールを打ち上げた瞬間、悔しそうな表情で天を見つめながら一塁を回ると、脱いだヘルメットを地面にたたきつけた。鈴木誠は初回に2試合連続本塁打となる先制2ランを放っており、ここでも一発を放てば桜井をKOできるところだった。

 第1打席で豪快なアーチを描きながらも次の打席でチャンスを生かせなかった鈴木誠の悔しがる様子に、責任感と勝負への執念を感じた。(デイリースポーツ・堀内翔)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カメラマン発最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス