文字サイズ

広島・長野 ベテランならではの“絶妙いたずら”?

 「広島春季キャンプ」(20日、沖縄)

 バッティング練習が始まった。広島の「チョーさん」こと長野久義外野手がバックネット前に姿を見せる。いつものようにまずはティー打撃でウオーミングアップ。乾いた打球音がリズム良く響く。続けて2メートル弱のパイプを使った素振りへ移動。近くにはその動きを追うようにして、カメラマンたちが取り囲んでいた。

 スイングに合わせてシャッター音がする先をチラ見すると、おもむろにパイプの先を下へ向け、グラウンドをグリグリ。「来るぞっ!」と思った瞬間、レンズの列へ向けてひと振りした。穴に詰まった土が宙に飛び散り、にやりとする背番号5。ちゃめっ気たっぷりのいたずらに笑いが漏れた。

 ご心配なく、誰も“被害者”はいません。ベテランの絶妙なバットコントロールですから。(デイリースポーツ・立川洋一郎)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カメラマン発最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス