文字サイズ

【野球】DeNA細川の弟・拓哉も有望株…初甲子園当確の明秀学園日立エース

兄の果たせなかった甲子園出場を確実にした明秀学園日立・細川
1枚拡大

 10日に開幕した明治神宮大会で、17年の高校野球は公式戦が終了する。各地の秋季大会では来春センバツを目指した熱戦が繰り広げられたが、取材した関東大会でちょっと気になる球児がいた。

 準優勝し、春夏通じて同校初となる甲子園出場を確実にした明秀学園日立(茨城)のエース・細川拓哉投手(2年)。快進撃の原動力となった右腕は、今シーズン終盤のプロ野球でブレークしたDeNAの高卒ルーキー、細川成也外野手(19)の弟だ。

 高校通算63本塁打をマークした兄(179センチ、86キロ)より体はひと回り小さいが(175センチ、75キロ)、顔立ちはそっくり。そしてマウンドと打席で見せたセンスは、負けじと光るものがあった。

 1回戦・山梨学院戦、準々決勝・高崎健康福祉大高崎戦を2試合連続完投。来春センバツ出場をたぐり寄せると、連投の準決勝・慶応戦も九回途中4失点の粘投。決勝の中央学院戦も六回途中から救援し、5日間で4試合登板とフル回転した。

 チームを支えた鉄腕ぶりが際立った細川。光星学院では坂本(巨人)、北條(阪神)らも指導した金沢成奉監督は「体だけは強いです」と冗談交じりに太鼓判を押す。昨夏までのエースで主砲だった成也は最速146キロを誇ったが、指揮官は「この時期は投手としてはダメだった。しなやかさは兄貴より上。胸郭、肩周りが柔らかくて可動域が広く、体の強さもある」と弟が勝る部分を挙げた。「ひと冬越えて成長すれば、150キロもいくと思う」と期待値は高い。

 現在の最速は144キロ。その直球よりも自信を持つのがスライダーだ。9月に握りを浅くして改良し、球速がアップ。秋季大会での結果につながった。本格的な投手歴は高校入学後から。伸びしろはたっぷりある。

 昨年何度か取材した兄は、見るからにがっしりした『パワー型』。中学時代には、ジャベリックスロー(やり投げ)で全国2位となった実績があった。一方の弟も「足腰を鍛えたかった」と中学では野球と並行して陸上部に所属したが、専門は400メートル走。3年時には全国大会の準決勝に進出し、ベストは51秒02をマークした。こちらは持久力を備えた『バランス型』といえる。

 細川自身も「タイプが違います」と自分の特長はしっかり理解している。打撃でも5番に座るが「ミート重視の中距離打者なので」と背伸びはせず、役割をそつなくこなす。慶応戦では1点を追う九回先頭で右前打を放ってチャンスメーク。逆転劇の口火を切った。

 もちろん、兄は尊敬する存在。明秀学園日立に進んだのも「自分も同じ監督さんに教えてもらいたい」と背中を追ったからだ。今秋県大会準決勝・常総学院戦の前には「オレは負けたからお前は負けるな」と激励されて完投勝ち。昨夏の決勝で夢を絶たれた成也の雪辱を果たした。

 日本シリーズでもヒットを放った兄の活躍を「CSのベンチ入りはビックリしたけど(高校時代からの)努力を知っている。やるんじゃないかと思っていた」と受け止めた細川。もらった刺激を力に変え、自身の活躍につなげた。

 「弟といわれるのは嫌ではないけど、違和感はある。甲子園に出るとしたら、存分に腕を振っていきたい」。高校では聖地に立てなかった“兄超え”を果たして臨むことになるセンバツで『細川拓哉』の名を全国にアピールできるのか。春が今から楽しみだ。(デイリースポーツ・藤田昌央)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス