文字サイズ

アーチェリー・古川がロンドン五輪以来の9年ぶり個人メダル 男子団体に次ぐ2つ目の銅

 3位決定戦で的を狙う古川高晴。銅メダルを獲得した
 3位決定戦に勝利し銅メダルを獲得、コーチ(左)と喜ぶ古川高晴
 男子個人で獲得した銅メダルを胸に笑顔の古川高晴
3枚

 「東京五輪・アーチェリー男子個人・3位決定戦」(31日、夢の島公園アーチェリー場)

 古川高晴(36)=近大職=はトウ・チキン(台湾)に7-3で勝ち、銅メダルを獲得した。今大会、男子団体に次ぐ2個目の銅メダルとなった。

 第1セットで2ポイントを先取したが、第2セットはトウに奪われて2-2のタイに。第3セットはともに譲らず1ポイントずつ取り合って同点。

、第4セットで古川が再び、2ポイントを挙げてリードを広げると、第5セットも奪った。

 ◆古川高晴(ふるかわ・たかはる) 1984年8月9日生まれ。青森県出身。175センチ、87キロ。五輪は2004年のアテネ大会から5大会連続出場で、12年のロンドン大会で銀メダルを獲得した。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス