文字サイズ

石川佳純、涙こらえ「最後はわからなくなった」悪夢の10連続失点“0点回避マナー”の無念

女子シングルス準々決勝でシンガポール選手(奥)に敗れ、肩を落とす石川佳純=東京体育館(提供・共同通信社)
 準々決勝でシンガポール選手に敗れた石川佳純
 準々決勝でシンガポール選手(奥)にポイントを奪われ、苦しい表情の石川佳純
3枚

 「東京五輪・卓球女子シングルス・準々決勝」(28日、東京体育館)

 世界ランク10位の石川佳純(28)=全農=は、同47位のユ・モンユ(シンガポール)に1-4(11-8、5-11、12-14、6-11、2-11)で敗れ、12年ロンドン五輪以来となる4強入りを逃し、悲願のメダル獲得はならなかった。

 「ここで負けてしまって悔しい」。

 5年ぶりの対戦。過去の対戦成績でほぼ五分の相手に、幸先良く第1ゲームを奪ったものの、その後は要所で競り負けて3ゲーム連取を許した。「第3ゲームの10-8、12-11で挽回されて、そこから悪いながらを止められなかった」。追い込まれて迎えた第5ゲームは立ち上がりから10連続失点。0-10からのプレー。「最後はなかなか点数がとれなかったので、正直最後の1ゲームは何してるかわからなかった」。石川の4球目の返球をユは追う姿勢をみせず、1点が入った。卓球界にある暗黙の了解の1つ、“0点回避マナー”。無念の完敗だった。

 取材エリア。何度も頭を抱え、視線は宙をさまよった。必死に気持ちの整理をしようとしていた。残るは2大会連続でメダルを獲得している団体戦。思いを問われ、これまで我慢してきた思いがこぼれそうになった。瞳はうるみ、言葉につまる。ずっと横をみつめ、最後は後ろを向き、必死にこらえて、絞り出した。「気持ちを切りかえていかないと。やらなきゃいけない。キャプテンとして。団体もたくさん練習してきた。練習してきたことをコートにぶつけたい」。リオから5年、すべてを懸けてきたこの夏は終わっていない。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス