文字サイズ

堀米雄斗が金メダル 新種目のスケートボード・ストリートで“やっべ~”演技

 男子ストリート決勝でガッツポーズの堀米雄斗=有明アーバンスポーツパーク(提供・共同通信社)
男子ストリートで優勝し、金メダルを手にする堀米雄斗=有明アーバンスポーツパーク
男子ストリート決勝で技を決め喜ぶ堀米雄斗=有明アーバンスポーツパーク
3枚

 「東京五輪・スケートボード男子ストリート・決勝」(25日、有明アーバンスポーツパーク)

 日本の堀米雄斗(22)=XFLAG=が37・18点をマークし金メダルを獲得した。

 堀米が1つの技を披露する「ベストトリック」の4本目に難易度の極めて高い技を成功させ、高得点の9・50を獲得。会場に鳴り響く拍手に応じた。

 この時点で1位に立った堀米。プレシャーをかけられたライバル選手も大技に挑戦するが、失敗が続いた。

 最後の1本。堀米は見事に成功させ、またも大きな拍手。9・30点で得点を37・18点に伸ばした。

 中継では解説を務めたプロスケートボーダーの瀬尻稜さん(24)のフランクかつ、分かりやすい解説も話題になった。堀米の大技成功に「やっべ~」、「かましてきましたね~」と感嘆の声を漏らしつつ、的確に技の特徴も解説していた。

 同種目は、持ち時間内で複数の技を含んだ演技を行う「ラン」を2本、1つの技の難易度・出来栄えを競う「ベストトリック」を5本行う。計7本の演技のうち、点数の高い4本が採用され、選手の得点になる。

 堀米はランでやや出遅れたが、ベストトリックで9点台の演技を5本中4本成功させ、逆転で勝利した。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス