文字サイズ

高木美が日本勢初優勝スピード世界選手権

 総合優勝し、表彰台で笑顔の高木美帆。左は2位のイレイン・ブスト=アムステルダム(共同)
2枚

 【アムステルダム共同】スピードスケートの世界選手権第2日は10日、アムステルダムの屋外特設リンクで行われ、女子の後半2種目で高木美帆(日体大助手)が前日からの首位を守り抜き、166・905点で日本選手として初の総合優勝を果たした。イレイン・ブスト(オランダ)が2位だった。

 高木美は2レースともブストと同走。1500メートルは相手の猛追を0秒07差で振り切り、1分58秒82の1位。11秒61のリードで迎えた最終5000メートルでブストと3秒08差の4位と踏ん張った。菊池彩花(富士急)は総合7位だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      五輪最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      デイリーおすすめアイテム

      注目トピックス