文字サイズ

高木菜、新種目で決勝進出 佐藤は転倒リタイア スピードスケート女子マススタート

 女子マススタート1回戦 滑走する高木菜那(中央)(共同)
外国人選手と接触し転倒する佐藤綾乃(中央)=撮影・高部洋祐
外国人選手と接触し転倒する佐藤綾乃(中央)=江陵(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「平昌五輪・スピードスケート女子・マススタート・準決勝」(24日、江陵オーバル)

 第1組で滑った日本の高木菜那(日本電産サンキョー)が決勝に進出した。第2組の佐藤綾乃(高崎健康福祉大)は途中転倒でリタイアとなり、決勝進出を逃した。

 準決勝は、2組に分かれ、12人の選手が400メートルトラックを16周する。4周通過ごとに上位3人に中間ポイントを付与され、ゴール順による最終ポイントと合算して順位が決まる。

 上位8人がそれぞれ決勝に進出し、決勝では16人が一斉に16周を滑る。

 高木菜は4周目を1位で通過し5点を獲得。決勝進出を決めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    五輪ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス