文字サイズ

ISU、6月総会でルール改正提案 ジャンプの偏りなくすため

 フィギュアスケートでボーナス得点を狙って基礎点が1・1倍となる演技後半にジャンプを集中させる構成が多くなったため、国際スケート連盟(ISU)が6月の総会でルール改正を提案することが23日、関係者の話で分かった。

 後半で1・1倍の得点となるジャンプの数を制限し、偏りをなくすことを促すという。ISUは現在、演目のバランスを重視してジャンプの種類が偏らないように、フリーでの3回転以上は同じものを跳ぶ回数を制限している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      五輪最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      デイリーおすすめアイテム

      注目トピックス