文字サイズ

フィギュアスケート女子SP 16・5% 瞬間最高は宮原知子

 平昌五輪で21日に行われたフィギュアスケート女子ショートプログラム(NHK総合)の平均視聴率が16・5%だったことが22日、分かった。

 全日本選手権4連覇中の宮原知子(19)は自己ベストを更新し、4位。坂本花織(17)も自己ベストを更新する演技を見せ、5位につけた。バンクーバー五輪で銀メダルを獲得した浅田真央さん以来2大会ぶりとなる日本女子のメダル獲得へ、好発進した。

 瞬間最高視聴率は午後1時59分と午後2時の2分間で21・5%。宮原が滑り終えた後、リプレイが流れ、自己ベストを更新した場面だった。

 (数字は関東地区、ビデオリサーチ日報調べ)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    五輪最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス