文字サイズ

高梨沙羅 女子団体の五輪導入を熱望

 平昌五輪スキージャンプ女子ノーマルヒル銅メダリストの高梨沙羅が15日、日本テレビ系「スッキリ」に生出演し、MCの加藤浩次から「高梨選手が4年間、頑張った結果ですよ。素晴らしい」と賛辞の言葉を贈られた。

 メダルを首にかけて出演した高梨は「重い。結構首がこります」と水卜麻美アナにメダルを触らせてみせた。さらに「想像以上に重くてびっくりしました。最初、銅メダルと決まった時は実感は湧かなかったが、実際の重さ以上に、取らせてもらったメダルなので、その人たちの思いがこもった重さだと思っている」とも語った。

 しかし、メダルの色には満足せず、「目標だった金に届かなかったので、北京五輪に向けて、これを金メダルに変えたい」と4年後を見据えた。

 北京ではW杯では行われている女子団体の開催を熱望し、「もっと競技が種類増えて欲しい。チーム戦ではみんなの力で金メダルを取れると思っているので、北京五輪では種目になってもらいたい」と訴えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      五輪最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      デイリーおすすめアイテム

      注目トピックス